親が亡くなって相続が発生したら
相続税申告
不動産の相続手続き
有価証券の相続手続き
などがあります。
また、そんなお金持ちじゃなくても「相続手続き」ってたくさんあります。
銀行など預貯金の相続手続き
自動車の相続手続き
年金の相続手続き
などは普通のお金持ちじゃなくても相続が起こったら必要な手続きです。

でも、相続手続きってめちゃくちゃ面倒なんです。
なぜなら原則すべての相続人のハンコ(実印)や書類が必要だからです。
しかも、その相続手続きのやり方は
・どこに?
・どんな書類が必要?
・いつまでに?
・手続きのやり方は?
すらなかなか仏の方にはわかりません。
だから相続手続きを放置して後で困る方が多いんです。

面倒な相続手続き

相続の手続きで資産家ならば相続税の申告もあります。
また親名義の実家の登記名義変更もあるでしょう。
「うちはそんなお金持ちでもないし、不動産もないから!」
実はそんな小さな遺産相続のほうが多いくらいなのですが普通の方でも相続の手続きって必要なんです。、
そしてその相続の手続きってめちゃくちゃ面倒でややこしいんです。

たとえば亡くなった親の銀行口座の解約
やれ相続人全員の戸籍謄本だの遺産分割協議書などさまざまな必要書類を銀行は要求してきます。
しかも、その所定の申請用紙の書式も各銀行ごとに異なるのです。
その他にも
年金
自動車の名義変更
生命保険
などなど煩わしくて面倒な手続きが山積みになっています。
ですから、みなさん途中で投げ出しちゃう方も少なくないのです。
「まあ、急ぐものでもないしそのうちにボチボチと・・・」
それが後々大きな問題にもなってきます。

放置された相続手続きが起こす問題とは
時間が経てば相続人の気持ちも変わる
これは相続トラブルの大きな原因にもなりかねません。まとまった遺産分割の話をまた蒸し返す?
時間が経てば相続手続きの必要書類も増えてしまう。
この高齢化社会は被相続人も相続人もともに高齢者です。
相続人の誰かがもし亡くなれば、その相続権もまた相続されネズミ算的に相続人が増えていきます。

時間が経てば経つほど相続手続きは大変になっていくのです。
ですから鉄は熱いうちに打てというように出来るだけ早く相続手続きは終わらせておきたいものです。

しかし、わざわざ相続手続きのために会社を休んで遠く離れた親の地元の役所を回ったり、銀行を何件も回ったりするのは大変です。
できれば一日もしくは数日ですべて済ませればいいのですが、実際はそうでもありません。
思わぬ書類を追加要求されたり、記載ミスや漏れがあったりすることも珍しくありません。
しかも、その書類には相続人ひとり残らず全員のものや署名が必須です。
「えぇぇぇ!また他の兄弟たちに連絡してやり直しぃ!!」
となるのはよくあることなんです。

そこで少々費用がかかっても相続手続きの専門家の力を借りたほうがスピーディーで楽ちんです、
愛知(名古屋)の方なら「相続の窓口」が安くて便利ですよ。

相続手続き代行ライトコースは8万円~
遠方の親の田舎に何度も足を運ぶ労力ややり直しの手間を考えればこれでも安いかもれません。
相続手続きの相談や説明も土日祝日の対応が可能
何人も相続人がいる場合の日程調整は土日祝しかできませんよね?

このあたりはぜひ「相続の窓口」のホームページから確認してみてください。

相続の窓口 公式ホームページ
\面倒な相続手続きをすべて代行・土日も相談可能・初回相談無料)/



相続手続き代行の費用の目安

相続手続き代行の費用の目安

相続手続き代行には必要書類の収集(戸籍謄本など)や税金(登録免許税や相続税)以外に相続手続きを代行する専門家への報酬の目安は以下の通りです。
これを「高い?」「手間と労力を考えればリーズナブル?」はそれぞれの考え方次第です。
また、相続手続きをひとつの専門家にまとめて依頼すれば割引サービスもあります。

代行する専門家 相続手続き代行費用の目安
相続税申告手続き代行 税理士 遺産の遺産により変わる(0.5%~1%程度
税理士事務所によって差は大きい
相続税対策の提案でも変わる
不動産の相続手続き代行
(相続登記)
司法書士 1件当たり7万円~10万円程度
(登録免許税や必要書類収集費用を除く)
銀行など預貯金の相続手続き代行 行政書士
司法書士
1件当たり2万円~10万円程度
たくさんの銀行口座がある場合は別途相談
弁護士もする場合はあるが資産家のみ
有価証券の相続手続き代行 行政書士
司法書士
1件当たり2万円~10万円程度
複数の紹介会社がある場合は別途相談
弁護士もする場合はあるが資産家のみ
自動車の相続手続き費用 行政書士
司法書士
1件当たり2万円~5万円程度
年金の相続手続き代行費用 行政書士
司法書士
1件当たり2万円~

バラバラに頼んでいてはかえって割高!亡くなった親や他の相続人が遠方だったら相続手続きは1度で済ませよう

亡くなった親や他の相続人が愛知県外だったら相続手続きは1度で済ませよう

相続手続きの必要書類や相続の話し合いに必要な資料は以下の通りです。
(主なものを列挙しますが、これ以外にもあります)
亡くなった親の出生から亡くなるまでがわかる戸籍謄本
※親が本籍地を何度か変えていたり、離婚再婚したりしているとかなり複雑で大変
※平成の大合併で統廃合された市町村も多く、どこの役所の管轄かわからないこともある。
相続人全員の戸籍謄本や住民票や印鑑証明
※相続手続きの書類には前相続人の署名押印が必須(だれかひとりでも抜ければNG)
相続人関係図
※戸籍から作成した相続人の権利う関係を示した系図
財産目録
※親の残した遺産のすべての洗い出し
銀行残高証明や通帳取引履歴

いかがえすか?
見ただけでゾッとしませんか?

親や他の相続人が同じ愛知県内に在住ならまだいいのですが、愛知県外であればその必要書類の収集や手続き先への訪問も大変です。

愛知や名古屋の相続手続きの代行をしてくれる相続の窓口

名古屋など愛知県での相手続きをすべて代行してくれる会社に『相続の窓口』があります。
『相続の窓口』は
・税理士
・司法書士
・行政書士
・ファイナンシャルプランナー
などが在籍しており、それぞれの専門家が一致団結してあなたの相続手続きをサポートしてくれるのです。

これにより
・効率的
・迅速
に相続手続きを進めることができます。

相続の窓口の料金体制は安心の定額制

さてさて気になるのはお値段ですが、相続の窓口では安心の定額制を設定されています。
あなたの相続手続きをどこまで代行してもらうのか?
を事前に明確にしてかかる費用も決まるので安心ですね。

また「他社より高い場合はすぐにお申し出下さい!」と、お値段についても自信をもって設定されています。

土日祝でも営業!交通至便な実店舗で相談

相続手続きの打ち合わせや相談は他の相続人にも同席してもらった方が得策です。
しかし、なかなか他の相続人との日程調整も大変です。
だからこそ
土日祝日も相談可能
交通至便な実店舗での相談可能
は助かります。

初回相談無料なので安心して気軽に相談できる

相続の手続きって100人いれば100通り
それだけそろえる書類や煩雑さも変わります。
まずは、
自分たちの相続手続きでなにが問題なのか?
を的確に把握しなければなりません。
実は多くの方が相続の法律を自分に都合よく捻じ曲げて解釈していたり、誤解されているケースが多いのです。
また、それを他の相続人に説明・納得してもらうには第三者の専門家から説明してもらったほうが得策なことも少なくありません、
そんな意味でもまずは
いい相続の無料相談
を利用されてみてはいかがでしょうか?

あえて第三者の意見が相続手続きをスムーズにする


相続の法律や手続きってみなさんよく誤解されています。
それも自分に都合よく階差h腐れています。
そこで相続の手続きをスムーズに迅速に終わらせるには
相続の専門家の客観的で正しい説明
も役に立ちます。
相続人の誰かが
「相続の法律や手続きの方法はこうなっている!」
といくら説明しても納得してもらえません。
そこで相続の専門家で第三者からの説明なら納得してくれることも多いのです。

相続の窓口 公式ホームページ
\面倒な相続手続きをすべて代行・土日も相談可能・初回相談無料)/

わすかな遺産なら【銀行の相続手続き】だけ代行を頼むのが楽チン

銀行の相続手続き代行

面倒な相続手続きは「お金持ち」であろうと「普通の人」であろうと関係なく必要になります。
その典型的なのが銀行など金融機関の相続手続きです。
銀行の相続手続きに必要な書類は
被相続人(亡くなった親)の出生から亡くなるまでの戸籍一式
相続人全員の戸籍謄本(抄本)
相続人全員の印鑑証明書
遺産分割協議書または遺言書
以上が原則的な銀行の相続y手続きに必要な書類です。
さらに各銀行ごとに
金融機関所定の相続手続き書類、相続届など
も必要になります。
しかも各銀行ごとに所定の申請用紙の書式も異なっており、一般の方には少々荷が重いかもしれません。
そこで
そんな面倒な銀行の相続手続きだけでも代行してもらうことができる
というご紹介です。

銀行の相続手続きの代行してもらうメリット

銀行の相続手続きの代行してもらうメリット

相続手続きって相続人の誰かが中心になって進めるのですが、これが本当にストレスの溜まるものなのです。
相続の手続きに銀行に出向いて申請用紙と必要書類をもらってきても、そこからが大変です。
他の相続人である兄弟姉妹たちに戸籍謄本や印鑑証明書、さらには遺産分割協議書を作成してそこに署名捺印もしてもらわなければいけません。
もともと相続手続きを中心になって行う本人すら不慣れですし、銀行の担当者の説明も聞いたこともない【専門用語】満載ですからわかったいおうなわからないような?そんな不十分な理解の状態で他の兄弟対tに説明するのです。
それではまず一発で銀行の相続手続きが終わるとは限りません。
相続手続きに再び会社を休んでまで出向いても、さらに書類の不備や必要書類の追加で出直しをさせられることもよくあります。
また、相続人である他の兄弟たちに手直しの書類を郵送したり、追加の必要書類をお願いしたりするのは気が引けますよね。
相続の手続きはチャッチャと終わらせておかないと、それこそ遺産分割の話もまた日繰り返してくることもあるのです。
遺産分割協議書に署名捺印するまでは、遺産分割協議は決まっていないのです。
あの時に「ああ言ったじゃないか?」「そんなことは言わない?」の話は意味がないのです。

それなら最初から相続手続きのプロに代行を依頼したほうが簡単でスピーディーなのです。

相続手続きのプロに依頼したら「印鑑証明書」以外の書類は代行取得できます

相続手続きのプロである「司法書士」「行政書士」なら職権でさまざまな相続手続きに必要な書類代行取得できます。
亡くなった方の出生から死亡までの戸籍一式の取得
それだけでなく
遺産分割協議書の作成
・金融機関の窓口での手続き
相続人間での書類のやり取り
も代行してお願いできるのです。
特に遺産分割協議書は素人時はかなりハードルが高いです。
しかもその他の相続手続きに必要な書類も何通必要なのか?
相続手続きをする銀行が複数あればまた追加で取得し苗kれ羽ならないこともあります。

銀行の相続手続きの代行を依頼した時の費用は?

銀行の相続手続きの代行を依頼した時の費用

面倒な銀行の相続手続きを代行してもらいたいけれど一番気になるのはその費用ですよね。
銀行の相続手続きを代行してもらうのは
・弁護士
・税理士
・司法書士
・行政書士
になります。
だだ「弁護士」「税理士」に相続手続き代行を依頼するのはそれなりのお金持ちの方であり、その費用はかなり高額です、
まあ、銀行の相続手続きだけ?なんていう仕事は引き受けてはくれないでしょう。

そこで普通「銀行の相続手続きだけ代行」を依頼するのは
・司法書士
・行政書士
の出番になるかと思います。

司法書士・行政書士の銀行の相続手続きの代行の費用相場

一般的な銀行の相続手続き代行の費用相場は
・1行あたり5万円程度
だと思います。
複数の銀行であれば追加で1行あたり1万円~1.5万円の追加になるかもしれません。
さらに
・書類取得費 5,000円~10,000円
・交通費   数千円
・郵送費   数千円
が必要になります。

ひとつの目安として
相続手続きする銀行が一つ・・・65,000円程度
相続手づ付する銀行が2つ・・・75,000円程度
くらいになるかと思います。

これが「高い?」と感じるか「安い?」と感じるか?
それはみなさんのご判断次第です。
他の相続人が遠方にいる?
あまり兄弟たちのいs難分割の話を直接したくはない?
忙しくて銀行になんども足を運べない?
亡くなった親が遠方に住んでいて必要書類を集めに帰省できない?
そんな方なら決して高くはないと思います。

愛知県や名古屋市なら相続手続き代行してくれるプロをご紹介

どこの司法書士もあまり相続手続きの代行業務は積極的にはやっていません。
相続手続きにかかる手間や労力を考えたらあまり割に合わないのです。
確かに相続手続き代行を謳っている司法書士事務所のホームページもありますが、それは他のオイシイ仕事(不動産登記の名義変更など)を獲得するための呼び水的なものであることも多く、いざ相談すると嫌な顔されたりやんわりと断ってくるケースも多いので気を付けてくださいね。

愛知や名古屋の相続手続き代行をしてくれる「相続の窓口」

エリアは愛知や名古屋になるのですが「相続の窓口」さんはさまざま相続手続きの代行をしてくれる会社です。
しかも嬉しいことに土日祝でも相談可能/span>なのです。

しかも料金はシンプルな設定になっています。
これなら後でこちょこちょ追加費用請求されるよりも安心です。

ライトコースなら8万円となっています。
初回は無料で相談できるのでお気軽にお問合せしてみてはいかがでしょうか?

相続の窓口 公式ホームページ
\面倒な相続手続きをすべて代行・土日も相談可能・初回相談無料)/